転職理由はどの会社にも絶対聞かれます

何日間も企業への応募を途切れさせることには、マイナスが見受けられます。それは、今日は募集をしている会社も求人が終わってしまう可能性も十分あると想定できるということです。

私も就職活動に取り組み始めた頃は、「希望の会社に入社するぞ」と燃えていたにもかかわらず、続けざまに不採用ばかりが続いて、こうなってくるともう担当者の話を聞くことすら恐ろしく感じて動けなくなってしまいます。

星の数ほど就職試験に挑んでいるうちに、不本意だけれども落とされる場合があると、最初のころのやる気が急速に低くなっていくことは、どんな人にだって起こることです。

面接そのものは、希望者がどういう考え方の人なのかを見抜こうとしている場ですので、セリフを間違えずに言うことが評価されるのではありません。真心を込めて表現することが大事だと考えます。

面接してもらうとき、確実に転職理由について質問されると思います。「どんな事由で退職したのか?」につきましては、どの会社も最も重要視するポイントです。だからこそ、転職した理由を取りまとめておくことが必須条件です。

仕事であることを話す間、漠然と「それについて何を思っているか」ということにとどまらず、其の上で現実的な小話を入れて相手に伝えるようにしたらよいのではないでしょうか。

いわゆる自己分析を試みるような場合の気をつけなければならない点としては、哲学的な表現を出来る限り用いない事です。観念的な語句では、多くの応募者を選んでいる人事担当者を受け入れさせることは困難だといえます。

いま、就職運動をしている会社そのものが、元より第一希望の企業でないために、志望の理由というものが記述できないという葛藤を持つ人が、今の季節には多いのです。

「就職志望の職場に対して、私と言う素材を、一体どれだけ剛直で輝いて見えるように発表できるか」という能力を修練しろ、といった意味だ。

中途採用で就職口を探すなら、アルバイト・派遣でもなんでもいいので仕事経験を積み上げて、あまり大きくない会社を目的にして採用面接を受ける事が、全体的な抜け道と言えます。

実のところ就活する折に、応募する方から企業へ電話をかけなければならないことはレアケースで、逆に相手の会社の担当者からの電話を受けるということの方がかなりあります。

やってみたい事や憧れの姿を目的とした商売替えもあれば、勤め先の企業の理由や住居などの外的な素因により、仕事を変えなければならないケースもあるでしょう。

現実的には、人材紹介会社など民間の職業紹介サービスは企業としてははじめての就職ではなくて転職を希望している人を対象とした企業やサービスである。だから就職して実務の経験が最低でも2~3年くらいはないと対象にならないのです。

どうしてもこういうことがやりたいというコレと言ったものもないし、あの仕事も良さそうだし、これも良さそうと混乱して、しまいには何がやりたいのか面接で企業の担当者に、アピールすることができないのである。

本音を言えば仕事探しの際には、自己分析(キャリアの棚卸)をしておくと後で役に立つと助言されてすぐに行いました。けれど、まったく役に立たなかったのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です